アベンチュリン・ペガサス彫刻

アベチュリン・ペガサス-1.JPG

 

        

    アベンチュリン・ペガサス

      縦:17cm 横:16cm

      奥行き:4.5cm 重さ:563g

 

    ※ご購入の際にはケースをサービス

     にてお作り致します。

 

 

 

 

 

 

アベチュリン・ペガサス-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アベチュリン・ペガサス-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アベチュリン・ペガサス-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アベチュリン・ペガサス-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アベチュリン・ペガサス-6.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アベチュリン・ペガサス-7.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アベチュリン・ペガサス-8.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   こちらの彫刻は、アベチュリン・和名(砂金水晶)を使用した彫刻になります。

  20年前に中国の象牙彫刻の職人さんに作っていただいた作品です。

  アベチュリンは水晶(クリスタルクォーツ)の成分である、石英と雲母が混ざりあった天然石です。

  キラキラと輝く微小な物質(雲母)が石の表面に見える「インド翡翠」とも呼ばれる。

  現代は鉱山が既に閉鎖されています。又原石が硬いので木材のように細かな表現が難しい。

 

  最近では、数が少なくなってしまった原石からの一刀彫りで、中国人の匠な職人技術がみてとれます。

  近年では繊細な箇所はパーツ事に削りボンド付けなどで組み立てられている物がほとんどです。

  現在の職人さんに一刀彫りでオーダーしたら80万円でも引き受けてくれるかも分かりません。

  ちなみに組み立て物でも、60万円位はします。

  今回は、今まで収集したコレクションを特別にお出しいたしました。

  彫刻好きな方でしたら、喉から手が出るほどの逸品です。

  うなじと羽根の細かさと繊細な彫りには本当に驚かされます。少しでも力の入れ方を間違えたら

  石が割れてしまうし、弱ければ溝が浅く何度か打ち直しになりリスクを伴う。

   鍛錬な技術と集中力が必要とされる人間のみが創れる物なのだ。

 

  石の持った力

  疲労回復・洞察力を高める・繁栄の石

 

▲このページのトップに戻る