IR-015 フィンガーインカローズ 

 

IR-015-1.JPG        高級

  オーナー自信の逸品

    ロードクロサイト

  フィンガー・インカローズ

 

   縦:7.5cm 横:6.9cm

 厚み:1.1cm 重さ:131g

 

     アルゼンチン産

         1

         表

 

 

 

 IR-015-2.JPG

 

 

 

 

                   2

          裏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IR-015-3.JPG

 

 

 

 

 

 

                   3

      表(ずらして撮影)

 

 

 

 

 

 

 IR-015-4.JPG

 

                

 

 

                  4

      表(ずらして撮影)

 

 

 

 

 

 

 

 

 IR-015-5.JPG

 

 

 

                  5

      表(位置変え撮影)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IR-015-6.JPG

 

 

 

                  6

    裏(位置変え撮影)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IR-015-7.JPG

 

 

 

 

                    7

        表・透明度

 

 

 

 

 

 

 

 

 IR-015-8.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   8

             右横

 

 

 

 

 

 

 IR-015-9.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         9

             左横

 

 

 

 

 

 

 

このフィンガー・インカローズは、アルゼンチンの鉱山主が所有していた原石(チューブ状・棒)

  をアメリカ人のブローカーが買い取り、スライスカットした非常に珍しい物です。

 

  この原石こそ、フィンガー・インカローズのスライスした品物では完璧と言っても良いだろう!!

  

  この様な美しい物は、二度と手に入らないと思います。(写真では、上手く伝えられない事が悔しい)

 

  私のコレクションにしておきたいぐらい、本当に素敵な逸品です。

 

 最高級品の証として、原石の表面が自然のままで美しい事、赤色の濃さ(艶やか)、透明度、大きさ

 形(真円・バランス)、皮(画像6)が有る事が条件です。

 

 正式名:ロードクロサイト 別名:インカローズ 和名:菱マンガン鉱

 ロードクロサイトの名前は、ロード(バラ)クロス(色)という意味です。

 インカ帝国が栄えたというアンデス山脈から質の良い、ロードクロサイトの原石が多く産出された

 ことから日本では、インカローズという名前で呼んでいる。

 

 ロードクロサイトとは、結晶が犬牙状の形・ひし形・層状や塊状の形があります。

 マンガンに起因する鮮やかな赤色は、特に美しいものは宝飾や装飾にもちいられます。

 

 こちらは、超激レアのフィンガー(親指をたてる)スライスになります。

 

 アルゼンチンのサンルイヌで採掘された鍾乳石を思わせる石箇状の原石を輪切りにした非常に

 価値の高い、フィンガーインカローズです。

 ピンク色の年輪や花のように見える模様は最高級品になります。

 

 

 

▲このページのトップに戻る